自分・家族の安心のために・・・・
 
内科医 加藤 幸

     
      
皆さんは 検診と健診の違いがわかりますか?


          
 歯科検診・がん検診(胃がん・乳がん・子宮頸がん・肺がん)肝炎ウィルス検診などです。病気に

 よっては初期には症状が出にくいものがあり、定期的に検診を受けることで、早期に発見し治療を

 受けるようにすることが狙いです。

  
    
 企業や学校などで行う定期健康診断、生活習慣病の検査を行う特定健康診査などです。

 定期的に受診することで病気の進行を早期に食い止めることが容易になります。


             
 現在 慢性疾患などで通院している人は検診を中心に受診し、特に病気のない方は健診+検診を

 受けましょう。自分の受けるべき「けんしん」を主治医・健康推進課に相談することをお勧めします

  現在、日本における大腸がんの「5年生存率」は、検診を受けた人の場合95%、受けない人の

 場合9
と大変な違いがあります。


       自分のため、ご家族のため「けんしん」を受けましょう!
  

 
盛岡医療生協では1日人間ドックを実施しています。  組合員の場合 ”組合員価格”が適用されます。

また、市町村からの補助があります。  市町村による成人検査の受診期限がせまっています。

期限間近になると混み合いますので、早めの受診をおすすめします。

市町村ごとの補助金額・成人検診などの詳しいことは


健康推進課019-635-1489にお問い合わせください。